Dec 21, 2017

リースの作り方(gooブログから)


ブログからの抜粋になります。

基本の基本

簡単なリースの作り方をご紹介しています。

とっても、今でもアクセスが多いので

こちらでもアップさせていただきますね。

 

今日はリースの作り方のご紹介です。

リースはフレッシュのコニファーやモミを使って作るリースです。

コニファーはお庭にあるお宅も多いかとおもいます

今日は簡単なリースの作り方をご紹介しちゃいます。

 

1. 土台は一般的な植物のツルを丸めたものを使用します

2. 土台にひと房ごとに切ったコニファーをずらしながら麻ひもで巻き留めていきます。

お花屋さんで買ったものは水揚げされてますが

ご自分でカットしたものは 水揚げが必要です。

3時間ぐらい枝先を叩いて水につけます。

その方が長く持ちますし、ドライにしてもパラパラと

葉っぱが取れません。

このときかなりしっかり留めることがポイントです!

最近 ワイヤーもあります。

何しろしっかりと ひっぱりながらまいてください。

フレッシュの物は時間が経つと水分が抜け体積が減るので

ぎゅっぎゅっと留めることでキレイな形を長持ちさせることができます。

全部巻き終わるとこの状態

3. 土台が出来たらゲッケイジュやサンキライの実を差して同じ要領で麻紐で留めていきます

ゲッケイジュ以外ではモミやヒノキ、ユーカリなどもいいですね

写真の赤い実は”サンシュ”というものです。

他には”サンキライ”が定番ですが、それらをリースの内側に

まとめて付けるとワンランク上のリースになるのではないでしょうか

4. 最後に飾りをグルーガンでとめていきます

なかったら ボンドでも大丈夫です。

 

マツボックリなど少し重たい飾りは、細いワイヤーでも固定したほうが確実です!

5. リボンをつけて完成です

 

クリスマスまであと一か月以上ありますが

手作りも良いですね。

ご自宅にコニファーなどない場合は、切り花屋さんにも売っていますので

自分だけのリースをつくって素敵なクリスマスをお過ごしくださいね。

 

こちらのリースは ドライです。

色合いがとっても気にいってます。

 

 

 

ミニで花苗をいれています。 昔は良く麻布のリボンを使いました。

可愛いです。

 

 

今までにどのくらいの リース教室や リースを作ってきたことか

数えきれません。

今年も 変わったリースに挑戦したいですね。

 

今年もたくさん作りました。

 

 

 

 

 

グレイスオブガーデンのお問い合せ

TEL 048-299-0045

 

見てみてね

HP  https://www.grace-of-garden.com

 

 

メール info@grace-of-garden.com

 

 

フォローお願い

Facebook http://www.facebook.com/graceofgarden1

 

 

関連記事

Comment





Comment



日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事