Nov 7, 2016

温活 あたたかい家 免疫力アップ


昨日は友達と約束して セミナーに行って来ました。

船津地産の清水さんにお誘いを受けて

私自身前々から興味のあった事

省エネ健康住宅のお話を聞きに大宮まで伺いました。

船津地産さんは 高性能 分譲住宅を建てていて特に省エネ住宅  ゼロエネルギー住宅の普及に努めている工務店さんです。

グレイスオブガーデンも船津さんの建てられたお家のお庭を作らせて頂いたり、植物を植えさせて頂いたりして長いお付き合いをさせてもらってます。

 

川嶋朗先生の講演もあり 身体をいかに温めて

免疫を上げていくか?の興味深いお話も聞いて来ました。

 

川嶋朗先生は 『元気で長生きする為に身体を温めて体が冷えないようにする。』

現代人の体の冷え また冷えの怖さ 心も体も冷えが万病の元など  冷え治療の第一人者です。

薬に頼らず病気にならない体つくりを提唱してます。

 

『あたたかい家」が 健康にどの位良いのか?と言う事を学習しました。

私なんて 暖房も最低限にしようと 夫や子供が付けっ放しの暖房を消して歩き ドアもなるべく締めて欲しいと言ってました。

それが良くないなんて 夫にバレたらなんて

言われるだろう???

 

しかし船津さんの住宅は

家のどんな場所でも20度を下回らない

暖房器具は4kw200Vのエアコンが1台稼働しているだけだそうです。

高気密断熱の住宅のあたたかい空気を逃さない保湿力の熱交換給排気システムを、投入しているからだそうです。

 

そして健康と住宅

日本の国としての医療費の問題は実に深刻

日本の 住宅は寒すぎるらしいです。

実は寒い部屋がある事で引き起こされてる事故の

死亡率は交通事故よりも多いようです。

ヒートショックを起こさないような真の健康的な家つくりの良さのお話に私も納得しました。

寒い家にいると体が冷えて免疫力が下がる

家の中の寒さの差によるお風呂場での事故が多いのです。

これからの季節 気を付けなくては行けませんね。

このセミナーを受けていなければ

こんなに改善していこうとも思わなかったかもしれないです。

 

そこで 身体を冷やさない為にどうしたら良いか?

お家のリフォーム、新築ができれば良いのですが

もう少し後だとすると

 

● 座るとき湯たんぽを太ももの上に置く

汗をかいてしまっては体温が下がってしまうので

やり過ぎはいけません。

 

● 腹巻  レッグウォーマー で温める

 

●お風呂を体温より高めで40度以下

ぬるま湯に30分以上つかる。

心臓の悪い方は半身浴

半身浴は虚弱な方だそうです。

直ぐに冷えない内に 着替える。

お風呂は何度にすれば良い?

37度から39度

自律神経の副交感神経が優位に働き体はリラックスして筋肉もほぐれてきだす。

眠気を誘う リラックスできる。

お風呂の効果は絶大らしい。

 

●よく噛んで食事をする事 これは大事な事らしい。

噛む事で熱を体はつくる。

 

●後 大切なことは 愛

感謝すること!ありがとうと言える事 やはり一番大事な事だそうですよ。

 

◉ドライヤーお灸

ツボを温風で刺激する。

全身には361ヶ所のツボがあるらしい

朝と夕二回

温風をかけるのは 大体のツボ 1.2分だそうです。

入浴前にやると余計身体を温めることができるらしいです。

 

今 温活なんて言う言葉も流行ってます。

皆さんも 少し興味を持たれたら

体温上げる事 意識してみませんか?

 

風邪をひきにくい身体

病気をしない身体は 生活環境と食事ですね!

 

そして何と言っても

緑は体に優しい。地球に優しい。

地球の為に役に立ってない人は誰一人いないそうです。

皆んな二酸化炭素を吐いているから

そして植物のある暮らしを見直して

地球にも人にも優しい暮らしを目指したいです。

諦めないでくださいね!

植物のある暮らし

 

私はまた夢中になりそう。

 

 

 

 

 

関連記事

Comment





Comment



日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事