Aug 16, 2016

心地良いということ


お庭を作らせていただくとき

勿論エクステリアもそうなんですけど

グレイスのデザインと施工のポイントは

『心地良いかどうか?』に限りますね!

 

IMG_0168

 

エクステリアにも ガーデニングにも

流行りは有るんですよ〜

今日お友達とお話していて

今はどんな感じが流行っているのか?

その話になって

エクステリアはやはりシンプルモダン

ですね。

一般的にはね。

 

IMG_0628IMG_3608

 

グレイスのお客様はシンプルナチュラルです。

煉瓦やタイルを思いっきり使う感じではなくて

スッキリとオーソドックスにデザインして

そこに緑を配置するデザインが

最近多くなっていると

感じられます。

 

テイスト的には ガーデナーの中では

北欧の庭が 流行りっぽいです。

または リゾートガーデンもね。

 

グレイスでは 暮らしに使いこなす庭

最近マイブーム

流行りのデザインは あまり追いかけて

いるわけではありません。

 

花壇にさりげなくハーブ、簡単に

育てられる野菜を植えて

暮らしに使う!

これは私のテーマです。

 

image

 

 

心地よい庭  心地よいエクステリア『外構』

そう言っても

人それぞれその意味は まちまちです。

 

●使い勝手を求める人

●お花はいらなくて 緑が良い人

●樹木だけあれば良い人

●お花が少しでもあると嬉しい人

●暮らしに使える草花が欲しい人

●バラや植物を育てる人

●素材にこだわる人

●天然木が好きな人

●天然石が好きな人

●レンガが好きな人

●施工が精密で美しい仕上がりが

大切な人

●家に似合ったデザインを優先したい人

 

やはりそこに住む住人が 居心地よく

感じられるか?どうか?

ですね。

時々その判断を 外からの見栄えを

気にする人がいらっしゃるけど

そういう方のデザインは しっくり

こないですね。

 

でもその方の好きを集めての

アンバランスなデザインは

好きです。

その方が楽しそうだからね!

出来上がると思ったより

素敵になってしまう。

 

やっぱり目立ちすぎたり

今 皆んな使ってますよね〜なんて

いうことより

流行りに乗らなくても

自分をときめかせてくれたり

気分良くさせてくれたり

落ち着かせてくれたり

する庭

 

IMG_0247

 

心地良いとは 好きで楽しめると

いう事ですね。

 

どのくらいこの庭で過ごすか?

眺めるか?

活用できるか?によって

予算も立てて見ることは

凄く大事なことだと

最近凄く感じています。

 

その回数が少なければ

予算も低予算で良いのかもしれないし、

使う回数、 眺める価値の高い方は

ある程度投資しても

いいんじゃないかな?って

思いますね!

 

前にこんな方がいらした。

私が今あと 10年 バラを育てて

楽しむとしたら 1日幾らかけるか

考えると

例えば500円ワンコインとしたら

500×365×10ですね。

そうすると幾らなのかな?

って 考えるらしい。

凄いなぁ〜って思ったこと

思い出します。

 

皆さんもお庭があったら

使いこなしてくださいね!

眺め倒してくださいね!

 

使いこなしてこそ

価値がでます。

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

Comment





Comment



日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事