Jul 7, 2016

年月が経って 趣を感じる庭 植物と素材


IMG_0402

 

この写真懐かしい 今から5年程前に 施工させて貰った写真

今 改めて見ても 素敵!

フェンスと花壇 立水栓と壁  一体化されてて

可愛らしくもあり

それでいて 雰囲気も甘くなり過ぎず

このテイストは 私が好きなんですね!

 

ホワイトに塗られた 縦型のフェンスに

アイアンの装飾

真砂土 仕上げの壁

真砂土とは 『山砂を振るった土に ホワイトセメントで 練って 仕上げる』

この仕上げは 日陰の場所だと 苔むしたりする「それが好きな方もいらっしゃる」

日向の場所だと とても綺麗だすよ。

 

立水栓も 腰高で 使い勝手も良い上

デザインのポイントにも なっている。

立水栓の 下には 収納スペース

 

花壇も三ヶ所 施してある。

 

フェンスの下に レンガの花壇

 

真砂土の壁にも 花壇

立水栓にも花壇を 施し

ここには ハーブ類を 植えた

ナイスアイデア!なんて 思ったのも 懐かしい!

 

植物が映える 構造物をデザインするのが

グレイスは お得意

 

DSCN0777s

 

IMG_2062

 

CIMG1557

 

構造物に植物はつきものです。

植物が 構造物の雰囲気を より一層 際立ててる。

 

一体化 された デザインで 隣家との 目隠しも兼ねられた。

 

経年変化も 楽しめるガーデニング!

年月が経つのを 味わいと感じられる

デザインは 選ぶものによって だいぶ変わる。

 

植物の生長と 共に

愛情も 深まり

味わい深い 趣のある  心安らぎ

心地良い 場所に 変化していくんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

Comment





Comment



日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事