Apr 21, 2016

花を長持ちさせるコツ! 春編 クリスマスローズ、パンジー、


image

雨上がりの日には
花がら摘みをすると良いです。
雨で花びらがぬるぬるしていると  病気やカビの原因になります。
ナメクジも発見できると良いですね。

薔薇にアブラムシも、付き始めました。!
少ないうちに 対処します。

グレイスでは木酢液とニンニク唐辛子の煮出したものを稀釈して、散布します。

ビオラ、パンジーもまだ一ヶ月ぐらい咲いてくれるので 追肥と、花がら摘みは お忘れずに。
キチンとしてあげるとまだまだ咲いてくれます。

冬からのお花ですが 可愛がってあげていると 飽きないですね。

 

中の黄色くなった 葉も とりのぞきます。

花の数と葉っぱの数で ピンチをしながら調整していきます。

そうすると 雰囲気が出てきますよ。

剪定のセンスも磨かれます。

やはり大切に面倒をポイントで見ている方と 咲かせっぱなしの方とでは

コンテナガーデンとお庭のムードも変わってきます。

自然とその方の 雰囲気は反映されるのでしょう。

少し解りづらいお話しですが ご興味のある方はグレイスの春のオープンガーデンでも

お話しさせていただきます。

私も自分自身を 構わないとどんどん 貧弱していきそうです。(´;ω;`)

皆さんもたみこさんも 頑張りましょうよ!

 

タイツリ草《ケマン草》この場所で何度も咲いてくれてます。
宿根草です。
白い花がやや弱いですね。
日陰の、植物としては最高に goodです。

何しろ 花付きが日が当たらなくても 凄く良いです。
株分けで増やしますが 太い根っこは折らないように 植え替える。

宿根草でも なくなりません。丈夫ですよ。

花が咲いてる時期も わりと長いです。

姫フウロウ草
ゲラニューム
周年お花が咲いている。
ビルウォーリスが特に花期が長いです。
たみこさんお勧めですよ。

花の開花の長い植物を 選ぶのも一つの手です。

お花が咲いて 嬉しくない方はいないはず。

綺麗に咲いてくれると ハット気づきますね。

人生は 感動の連続 嬉しがったり 胸がいっぱいになったり

悲しいことも容赦なく起きるけど また頑張ろうとも 思えるし

お花が咲いてくれると 気持ちはアップしてきますよ。

ビルウォーリスグランドカバーとしても 増えてくれて 可愛いです。

フウロウ草の中でも 花持ちも良い。
花も優しくて キュート。
最近凄くいろんな色で種類が多いです。

銅葉のクラブアップル
お花が可愛くて 葉っぱが銅葉です。
実は少し地味ですね。
花と葉が観賞価値ありですよ。

クリスマスローズのお手入れは今です。
最近は多くの方が育てていますね。
皆さんの大切なクリスマスローズ
育て方を意識して
手をかけてあげてくださいね。

私も最近また 見直してます。

日陰でも花が咲いてくれるし 寿命が長い 手間がかからない。

 

暖かくなってきたので 花が色あせてきました。

まずは 花にそろそろ 種がついているので
まだの方 私もそうですが
来年の花つきのためにも、花首から切り取る。

花の終わった茎は4センチ~5センチ残して
茎を切る。

切り口から菌が、入らないように
晴れた日が良いですよ。

雨だと 切り口が乾かないので
お天気の良い日にお願いします。
ハサミは消毒しておくとなお良い。

リビダス、アゥグチフォリテス、フェチダス、などの品種は  新芽が十分成長してしっかりしてから 茎を切る事!
また花の付けた茎が茶色くなってから切る事。
花首で、花柄を カットするのは早めに切り取る事。

大事な事
4月が最後の追肥です。4月半ばで終わらせる。
5月以降肥料分が残っていると
根腐れの原因となります。
駄目になってしまった理由が意外と、この原因です。
また成長期なので乾きやすい。
4月いっぱいが新芽の成長期です。
たっぷりとお水をあげてくださいね。

私も 明日はクリスマスローズも 観察しないといけませんね。

皆さんも遅くならないうちに お願いします。

ちょっとした お手入れがお花を長く 楽しませてくれるし

ワンランク上の ガーデニングが楽しめます。

素敵に見える 空気の作り方

ご一緒に!

 

以前のブログをご覧くださる方はこちらです!

見てみてね

http://blog.goo.ne.jp/grace-of-garden

 

関連記事

Comment





Comment



日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事