Apr 20, 2016

ブルーベリーの植え込み 春 無農薬のナチュラルガーデンを作る花咲くポタジェ ガーデンカウンセラー戸倉多未子のブログ


image

ブルーベリーの大苗を植えました。

ブルーベリーファームから仕入れました。

私の実家の 植え込みです。

両親たちに 無農薬の美味しいブルーベリーを 沢山収穫できる喜びを 味わって欲しかったからです。

沢山花が咲いて 枝数が多かったのですが 思い切って枝数を 今年は減らして植えこみました。

ご覧の通り 最初からかなり 大きいサイズを選びました。

両親に早く 実だくさんの様子を喜んでもらいたくて 大きめの株を

お段は高めでしたが 2本植えこみました。

ブルーベリーの露地植え

落葉低木 ツツジ科

4月上旬~花(1カ月ぐらい咲いている)

収穫6月~9月

たみ子さんのお勧め

ブルーベリーは虫にも強い 無農薬で育てる場合 虫が付きすぎるものは どうしてもストレスになる。

育てやすくて 収穫も期待できる 安心なブルーベリーを生で食べれるし ジャムも作れる。

2本違った品種で 植えこみます。

(ブルーベリーは同じ品種だと結実しにくい 相互に違う花粉が付けばたいてい結実します。)

●大きめな穴を掘ります。直径50センチ 深さ50センチから60センチ

(芝を綺麗に 植え替えたばかりなので 横にはあまり掘らないで 縦に深く掘りました。)

●土(鹿沼土と無調整のピートモスの配合 5対5が一般的ですが)

 無調整のピートモスト 赤玉硬質 5対5 ミリオン 有機肥料

image

●枝を落とす。(かなりカットしていきました。)今年は収穫を諦めるくらいに。

 実際は やはり 少し残してしまいましたよ。ブルーベリーを味見したいと思う気持ちに 勝てませんでした。

 両親には なるべくもっと 枝も花も落として欲しいと 伝えましたが 私には限界でした.(;^ω^)

皆さんが 植え込みの時は もっとお花もとって くださいね。

やはり植え込みの時期は 落葉している12月から1月の休眠期が良いですね。💦

(今回場合は 急に植えることになったので 皆さんも この時期に植えたくなりましたら 枝数も 調整して少なめにしてください。)

●たっぷりの水やりは 欠かせません。

毎日2週間は 欠かさず 水をやりしましょう!

出来れば 午前中に お願いいたします。

ブルーベリーは 乾燥させる前に お水やりです。

葉にも かけても 大丈夫です。

真夏の水やりは かかせません。

一日2回位 株が充実するまでは あげた方が 良いと思います。

大きな株になって しっかりと根付けば 少し乾燥気味に 育てられても 丈夫な子になると思いますが 小さければ 尚更水やりは 丁寧にやっていきます。

●肥料は 有機肥料を 生育期間中に 葉の色が薄くなってり、黄色くなったりした場合

液体肥料を あげても良いと思います。

●置き場所 なるべく株元が 西日に当たらないように 調整します。

株元を マルチングするのも 良いかもしれません。

活けてみました。(ブルーベリーとお庭のお花で)

時期外れの植え込みですが 水切れと枝落としが 出来れば 成功しますよ。

image

 

以前のブログを見たい方はこちら!

見てみてね

http://blog.goo.ne.jp/grace-of-garden

 

フォローお願い

グレイスオブガーデンFacebook

http://www.facebook.com/graceofgarden1

たみこさんFacebook フォローしてね

https://www.facebook.com/tokura.tamiko

 

グレイスオブガーデンのお問い合せ

TEL 048-299-0045

 メール info@grace-of-garden.com

関連記事

Comment





Comment



日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事