Dec 1, 2018

種まきのガーデニング!


 

ネモフィラ、ビオラ、スイートポピーの

苗を私にくれた。

「種を蒔き過ぎてしまったので 持っていきませんか?」なんて言ってくれてね。

可愛いわぁ〜

赤ちゃんおぶりながら 慣れた手つきで

コスモスの種を採る。

お父様とずっとバラや草花の

種を撒いたり、挿し穂したり

会社の通勤だった時は

ターシャテゥーダーの

本を連日読みふけり、

お庭造りに夢を持ってる。

そんな方のお庭造りをお手伝い出来て

嬉しい限りです。

こんなにさっさか

種まきしてるのね

赤ちゃんおぶって

私にくれる苗を慣れた手つきで

用意してくれて。

 

私はお庭の樹木のアドバイスしたり、

バラの移植の位置を決めたり

バラの絡みやすい

パーゴラとフェンスを作らせて

いただきました。

 

可愛くできましたよ。

広ーいお庭なので

お隣が資材置場ってこともあり

空間を引き締めるために

アイストップの役割もある

フェンス!

バラを絡めてもっと雰囲気を出す。

こんなに長いフェンスなので

この先もきっとずっと使うだろうから

劣化しずらいウリン材で作らせていただきました。

パーゴラは広ーいお庭のフォーカルポイントにもなるように

少し角度を付けて

こんなデザインにしてみました。

後ろから見たパーゴラです。

オンリーワンの手作り

早くバラを植え付けて 絡ませて欲しい。

産休が2年あると仰っていたので

その間に大体のお庭ができるのでしょう!

可愛いママは お花が大好き!

難病になってしまったお父様からの

フェンスとパーゴラは贈り物です。

早く父に見せたいと。

せっせとお庭の植物を移植してました。

 

私も打ち合わせの時に一度お父様にも

お会いしているので、なんだか

特別な想いが入り込む。

 

また来月 バラの移植にお邪魔する約束を

しました。

その時にはまたまた ステキになってるでしょう!

お仕事が早いの。

頑張って!

 

ターシャテゥーダーは

自立と自然をこよなく愛して貫いた。

その理由は「好きだから」

なんだか私まで 自分のお庭の

お手入れしたくなりました。

私もターシャの様に

庭の花を部屋一杯に絶やさず飾り

手を休めること無くお料理を作り

パッチワークも楽しみたかった事を

思い出しました。

 

でもやれるはずですよね。

諦めないわ どんな環境に居ようと

「好きだからね」

 

皆さんもこれからが

お庭の質を上げるお手入れの時期です。

お庭の土を掘り返し、

堆肥や腐葉土を混ぜて柔らかくしていきましょう!

きっと来年のお花は素晴らしく咲いてくれるわ。

頑張りましょうね。

 

 

 

 

 

関連記事

Comment





Comment



日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事