Jan 6, 2018

切り花を豪華に生けるコツ!冬こそ切り花


 

上の写真の生け込みは

お正月に宿泊したホテルの生け込みです。

生花かな?

造花かな?

 

造花のものと生花

私的には造花が入ると

少しがっかりなのですが…

お正月用の竹とか枝物のボケとか

欄が造花

菊や松などは生花でした。

 

生け込みを豪華に見せるコツは

造花と生花を入れる。

私は庭の枝物をふんだんにカットして

お花に混ぜる。

 

昨今イギリスのロンドンでも

造花が主流らしい。

クリスマスツリーの

オーナメントを全て造花の花にしているのが

目立っていたと

園芸ガイドに掲載されてました。

 

今更ですが

事務所にもこれから

新年のお花を火曜日に生けたいと

思っているので少しお浚いしておきます。

今度はお庭のお花というか

枝物をたっぷりと、カットしてみます。

 

冬こそ切り花

お花はどの季節より長く持つし

お部屋が華やかになる

気分がアップするのを

私は凄く切り花を生けると感じます。

小さなブーケ一つ飾っても

明るい気持ちになりますよね。

気持ちに余裕が出てきて

心が落ち着きますね!

彼にも彼女にも優しくなれるし、

家族にも穏やかになる気がします。

切り花を生けられる環境であることにも

感謝できてくる。

植物が導いてくれます。

 

●お正月に欠かせない松

一年中緑を保つ常緑樹

長寿や不老を象徴する木

玄関に飾る松は神様が降りてくる目印

今後、事務所の裏にでも植えておこうかと思いました。

なんで裏なのでしょう???

 

 

●千両 、万両は商売繁盛の縁起もの

南天はお客様のお家にも

時々植えてありますが、難を転ずる。

不浄を払う植物

 

 

●欄は華やかで ハレの日にぴったり

高級感もでて、長持ちしますから

私もお正月には私も生けます。

今、うちの欄は密かに蕾です。

開くのはまだまだ先のよう。

 

●不老長寿で 親しみのある菊

私はグリーン

 

●水仙 今の時期に花を咲かせる

香りも良い水仙

私は早めに咲いてくれる

ニホンズイセンが好きです。

 

 

●バラ

お正月にばら?

中国では「長春」というらしく

春が長く続くという意味のある

おめでたいお花だとか。

私はあまりお正月の生花には

入れませんが

庭に咲いているとカットして入れます。

 

●しだれ柳

新しい年の無事を祈るといういみがあるそうです。

豪華になりますからね!

 

●アンスリュームなども入ってますね!

一年中出回り、ポイントになって

花もちも良いからです。

私はこのイエローのアンスがお気に入りです。

 

私は出来るだけお庭の枝物を

カットして お花屋さんでお花を足して

生けたい気持ちはあるのですが

年末は忙しいので

つい、お花屋さんのお花だけで

夜な夜な生ける事になります。

そうすると暗くて寒いから

お庭のお花枝物を

カットできなくなってしまいます。

 

来年は昼間から必ずカットしておこうと

学習今更ですがしました。

 

でも、造花を半分利用するのも

良いかもしれませんね。

実家に生け込むのは

豪華なものが良いようなので

来年からは造花も使ってみようかと

少し思ってます。

 

一月に生けるお花は このような

縁起の良い花を生けると良さそうです。

 

一輪挿しにパンジー

ムーランルージュなどは

切り花としても長持ちです。

是非生けてみてね!

 

お庭に枝物があると便利ですね!

しっかりと水揚げすれば

便利です。

枝先を何かで叩いて

30分以上水に浸す。

実も落ちないで生けられます。

 

水揚げが足りないと実も葉も直ぐに

落ちたら、 へなへなになるので

苦手な方は何度も挑戦してみてください。

 

生けるお花の枝物も今年は少し増やそうかと思ってます。

 

ガーデナーならではの生け込み

皆さんも楽しんで下さいね。

やはりお家の中もお花があると

嬉しいし。寒い玄関に置くのが

良いですね!

冬は長持ちしますので

切り花を楽しむのも今です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

Comment





Comment



日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事