Sep 10, 2017

経年変化して庭の雰囲気が増す構造物


 

懐かしい場所に久々に

メンテナンスのお手伝いに行ってきました。

う〜ん?何年くらい前でしたか?

こちらの施工をさせて頂いたのは…

ウリン材でフェンスを作らせて頂いてます。

今から多分7年前くらい前ですかね?

 

このころのウリン材は 確かに今の物とは

少し違う気がします。

しっかりしてますね!

今ではこのように太くてしっかりと

している樹木が少なくなり

細い成熟しきれていない樹木を伐採

しているらしい。

見た目も最近のウリン材は粗い

気がします。

こちらのお庭のフェンスは

構造物として重みがあるし

年月たって雨風にさらされ

庭の貫禄を生み出してくれてます。

 

 

アーチを抜けるとお庭です。

ウリン材が経年変化して

渋く雰囲気を醸し出しています。

庭にマッチしますね〜

この渋さ。

味わいを感じます。

 

 

 

レンガの花壇もラウンドさせて

地面は目地を大きくレンガを敷いて

優しい感じをデザインしました。

曲線が綺麗にでてます。

こちらのお庭のポイントです。

このレンガの発色も劣ってない。

 

そしてフクロウさんが見張り番

ちょっとした花壇の中にも

フォーカルポイントになるように

高さのある置物は目を引きます。

少し素材の良いものを置いてあげると

お庭のグレードも一気にアップしていきます。

 

 

お家の壁に極力少なくビスを入れて

極力少なめですので(施主さんの希望)

つるバラでないと届かない。

真っ赤なバラが春に咲いてくれます。

 

このお手伝いをずーと

させて頂いてます。

里佳子さんがね!

 

私はこちらのお庭を

デザインさせて頂いて

メンテナンスは

里佳子さんにバトンタッチ!

 

今日は里佳子さんのアシストに

ついて来ました。

 

久しぶりに見る庭

経年変化しても 雰囲気がでて

より一層 良い庭に変化してました。

その後の施工の様子を

見て見守るのが

次のデザインにも反映されます。

 

お手入れも要所、要所でされていく事は

重要なんですね〜

手入れされた庭は見てて

気持ちが良いものです。

深呼吸したくなる。

 

 

 

 

関連記事

Comment





Comment



日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事